ドイツで車が販売禁止になる!?内容を調べてみた!電気自動車の時代になるのかな。。。

ドイツ 車 販売禁止 内容 電気自動車

 

ドイツで将来的に、
エンジンを搭載した車の
販売を禁止する動きが出ているようです。

 

イギリスやフランスをはじめとする、
ヨーロッパで同じような動きがあり、
自動車の将来について
気になったので調べてみました。

 

ドイツで車が販売禁止になる!?
内容を調べてみた!
電気自動車の時代になるのかな。。。

 

ドイツで車が販売禁止になる!?

 

ドイツ 車 販売禁止 内容 電気自動車

 

まず、結論から述べると、
法律的には、販売禁止には
ならないようです。

 

スポンサードリンク

 

今回の報道では、
議会が政府に対して、

 

「2030年以降エンジンを搭載する車の
販売を禁止したい」
というものです。

 

今後、政府が法律として
整備した場合には、
法律上、販売が禁止されることも
あるかもしれません。

 

ここからは、自分の考えですが、
自分も数年前から、
地球温暖化が本当に進んでいるなら
現状の車を乗っている場合ではないと考えていました。

 

その一方で、
自分はモータースポーツや
スポーツカーが好きなので
すごく複雑な気持ちでいます。

 

内容を調べてみた!

 

ドイツ 車 販売禁止 内容 電気自動車

 

さらに詳しく、
内容を見ていきたいと思います。

 

上述の通り、
2030年以降のエンジン搭載車
(ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車)
規制したいという内容のみが公開されています。

 

背景には、パリ協定で、
EU全体でCO2排出量を
1990年と比較して
40%減らすという目標があります。

スポンサードリンク

 

この目標を達成するためにも、
今回の案を提出したようです。

 

それに、1つの政党だけでなく、
複数の政党がかかわり、
提出しました。

 

自分のイメージでは、
ドイツは自動車大国なので、
思い切った行動だと感じました。

 

また、ディーゼルを売り出していた
矢先に今回の報道だったので
非常に驚いています。

 

また、ドイツメーカーが
世界の自動車レースから
相次いで撤退している点も
非常に気になっていました。

 

今度のドイツの自動車業界は
かなりビッグニュースが出そうなので、
注目していきます。

 

電気自動車の時代になるのかな。。。

 

ドイツ 車 販売禁止 内容 電気自動車

 

電気自動車の歴史を
改めて調べてみると、
エンジンの自動車よりも
古いことがわかりました。

 

それでもやはり、
自動車という点では、
エンジンの方が主流になりました。

 

しかし、現代の自動車の歴史で、
1980年代に一度電気自動車が
発展しそうな時がありました。

 

しかし、その時には、
やはり市場には受け入れられませんでした。

 

今度こそ、
電気自動車の時代が来るのか、
かなり注目しています。

 

日本車では、
三菱のi-MiEVや日産のリーフなど、
少しずつ身近になりつつあります。

 

今後の、自動車業界が
どうなっていくのか、
自分たちの生活がどのように変わるのか、
期待と不安で注目していきます。

 

他にも、
最近のツールに関する記事があります。
よかったらこちらもどうぞ!!

 

iPhone8のsimフリーの価格を予想してみた!ホームボタンが消えるのか?気になる情報満載。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ